ギリシャヨーグルトの魅力と特徴、その楽しみ方

ギリシャヨーグルトの1番の魅力

ずっしりと重みのあるギリシャヨーグルトは、プロテインが通常のヨーグルトの2倍です。普通のプレーンヨーグルトをたくさん食べるよりも、効率よくタンパク質が摂取できます。整腸作用は普通のヨーグルトと同じですが、食べた時の満足感といえば、ギリシャヨーグルトに勝るものはありません。

たくさんタンパク質を補給したい方は、マストな食材として日々のメニューにとりいれることができれば、さらに効率よくたんぱく質を摂ることができます。ダイエット中の方はもちろん、トレーニング中の方や妊婦さん、子供からお年寄りまで体にいいことずくめの食べ物です。

さらに、アレルギーの方もヨーグルトを食べ続けることで胃腸の調子が整い、それと同時にアレルギー症状が軽減します。私の家族がまさにそうでした。(体にいいことずくめ、と書きましたが、脂肪分やたんぱく質などの摂取について制限がある方は、ちゃんとホームドクターにご相談くださいね。)

 

ギリシャヨーグルトはプレーンタイプヨーグルトの価格の2倍

もちろん値段はここタイといえども、ギリシャヨーグルトが通常のプレーンヨーグルトのだいたい2倍になる事実はあまり変わりません。そりゃそうですよね、ギリシャヨーグルトを作るのに、通常のプレーンタイプのヨーグルトを作るのに比べて約2倍の量の原材料のミルクを使って作ります。

よって、プロテインも2倍になるわけで、その分の金額も材料の量に比例しているのです。この意味は、その企業内での比較しているという意味です。同メーカーのプレーンヨーグルトとギリシャヨーグルトを比べて、ギリシャヨーグルトがプレーンタイプの約2倍の金額になっているということです。

 

ヨーグルトはプラス食物繊維とビタミンCでパーフェクト!

ヨーグルトは食物繊維とビタミンCを補いさえすれば、パーフェクトフードになるんです。我が家では果物とはちみつと一緒に食べることで、朝食の一食にするくらいにしています。もちろん、たくさん体力を使う方は、これでは足りませんが。果物の繊維とビタミンCに加えて、はちみつも相性抜群なんですよね(味と成分の両方がマッチしています)。

はちみつのオリゴ糖が善玉菌の餌になることで、いちおう必要なものを一緒に食べればそれでよし、としています。ですが、今の時代は食物繊維もビタミン類も、全てサプリメントで摂ることができるので、特に私がすすめる食べ方はあくまでも参考にしていただいて、それぞれの方が楽しめる食べ方が一番いいと感じます。

 

ギリシャヨーグルトの楽しみ方いろいろ

シリアルやごま、ハトムギ、豆類と食べるとタンパク質をさらに摂ることができますよね。また、好みのフレーバーでダブルプロテインスムージーなどを作っても飲みやすくていいですね。サラダのソースのベースにしてもなかなかイケそうです。私は、和風と洋風の組み合わせとして、あずきと一緒に食べるのも大好きです。あま〜いあずきと、ほのかに酸味のあるこってりした組織のギリシャヨーグルトの相性が抜群だと感じています。

もっと言えば、おかかと醤油、これも驚く味わいでなんとも言えない濃厚クリーミーな乙なつまみのような雰囲気にもなっちゃいます。ちなみにこれは、「クリームチーズのおかか醤油かけ」からきた発想です。ヨーグルトと食べるのに最も相性がいいと言われている果物は、ズバリ、レーズンとバナナです。これはベストマッチな組み合わせで、とてもお腹が膨れるだけでなく、食物繊維とビタミンミネラルのバランスがとれたパーフェクトに近い食べ方です。。