タイで美味しいヨーグルトを食べたい|ほとんどが低脂肪ヨーグルト

タイのローカルなヨーグルトじゃ物足りないワケ

f:id:kootsterrabambi:20180513011152j:plain

長期でタイにいる方なら「物足りない」、こういう感覚お分かりいただけるんじゃないでしょうか。しでも、豪華な暮らしをしている駐在さん方々にはローカルな暮らしの話なんて想像できないのだとも感じます。 きっと駐在の方々の暮らしって、ローカルマーケットやスーパーには行ったことがないんだろうぁと、私の知らない世界に住んでいる人々なんだと思います。同じ世界のように見えて、どんだけ違う世界なんだろうって想像したことがありましたが、実は正直なところとくに羨ましいとも思ったことがありません。ただ、日本企業はすごいなってことです。

なので、ここではローカルなスーパーマーケットで取り扱う商品を紹介していました。それは、エンポリやKヴィレッジにあるフレッシュマートなどのような、いわゆる高級食材を取り扱う富裕層向けのスーパーマーケットの商品よりは、かなり庶民的なヨーグルトたちです。

 

①タイのヨーグルトはなぜかLaw Fatと書かれているものばかり!?

タイにあるヨーグルトは、ラベルにかなりの割合で『Law Fat』と表示されています。はっきり言うと、タイで普通に市販でほとんどのヨーグルトにローファットと書かれているので、実はそうではないものとの違いがあまりよくわかりません。厳密には、なんとも言えないのですが、ローファットと書かれているヨーグルトはやはり、若干さっぱりしているように感じますし、やっぱりなにか物足りません。

どうしてLaw Fatのヨーグルトが多いのかはふめいですが、タイの人は肥満気味でダイエットした方がいい人が多いとか?まあよくわかりませんが、ヘルシー志向が強いのか、ただLaw Fatが流行っているに過ぎないのか、どれも低脂肪の商品ばかりのようです。

 

 ②甘くて変わった具材が入っているタイのローカルブランドヨーグルト

タイでヨーグルトを食べ始めて1年ほど経ったけれども、どうしても質にこだわったものが食べたくなってきました。なぜなら、どれも当時のスーパーにあるものは甘いわ、変わった具材が入っているわで、ローカルなヨーグルトにはちゃんとしたもの(プレーンタイプのヨーグルトすらあまり見かけなった)がなかったんです。発酵食品が大好きな私にとっては、ここは次第にこだわりたくなってしまう部分、「トウモロコシとか豆とか芋がヨーグルトに入っている違和感」これがどうしても拭い去ることができなかったのです。

 

③犬と一緒に食べられるヨーグルトがいい!

私が美味しいヨーグルトを探し始めたきっかけは、犬と生活をし始めた後のことでした。当時の主人と2人の生活だったタイでの始めの2年間は、いろいろ開拓中だったのですが犬との暮らしで、犬中心の生活になってしまったため、一緒に食べられる食材を探していたのです。さすがに犬には砂糖入りや香料などの入ったヨーグルトはあげることができませんもんね。

一緒に食べられれば、買う商品のブランド数を少なくできますし、いちいち犬だけのものって考えると大変じゃないですか?私は一石二鳥が好きなので、どうせなら一緒にすませたいと思っていつも効率を考えてしまうんです。買い物だって、買った場所を置くところだって、犬だけのものが増えれば増えるほど面倒になってしまうと感じるんですよね。