ギリシャヨーグルト取り寄せ@日本|海外から伊豆へ移住

日本でもギリシャヨーグルトを食べたい

タイでずっと美味しいギリシャヨーグルトを食べていた私たちは、日本は近年どんなヨーグルト事情なのかを全く知らないでいました。なぜなら、ニュースもネットニュースですら見ない日常で、日本を全くと言っていいほど意識しないで数年間を生きてきたので、戻ることになって初めて今後の生活のために情報収集をしようとしています。

f:id:kootsterrabambi:20180217182059j:plain

現在タイで、定期的にデリバリーしてもらっているギリシャヨーグルトは、Yogi Dairy の Chris というオーストラリア出身の男性が、ここタイで作っている製品です。ビッグメーカーではないですが、そこがいいポイントだと感じています。もし大手企業なら、今の価格と都合で、2週間に1度5Kgの量をデリバリーしてもらうなんて到底できないでしょう。ここでは5Kgで1000Bahtなのですが、同じような価格で日本でも買うことができるのか、日本はもっとリーズナブルなのか、もしくはもっと高いものなのかを調べてみることにしました。

 

 

タイのギリシャヨーグルト 

  5Kg:1,000 Baht:約3,000 円

 

 

日本のギリシャヨーグルト(税込・送料別)

 A 湯田牛乳garaギリシャヨーグルト 400g :800円

 B 中沢フーズATHENAギリシャヨーグルト 1Kg:2,376円

 C 森永乳業パルテノ濃密ギリシャヨーグルト 100g × 12ヶ(1,200g):1,620円

 D チチヤス脂肪0で高たんぱくギリシャヨーグルト 100g × 8ヶ(800g):918円

 E ダノンOikosオイコス加糖ギリシャヨーグルト脂肪ゼロ 110g × 12(1,320g):2,240円(送料無料)

 

 

日本で大容量のギリシャヨーグルトはあまり売られていない

上記、5つのギリシャヨーグルトの価格を調べてみました。ですが、ざっと調べた範囲では、日本でギリシャヨーグルトはそれほど作られていないと感じました。海外ではかなり一般的なタイプとして、何種類か販売されているのが普通ですが、日本では以外と高くて種類も少ないようですね。森永乳業のパルテノはよく売れているみたいですが、できれば小さいカップを山ほど購入するよりは、せいぜい1Kgくらいの規格で購入できればいいな、と簡単に考えて探していました。ですが日本では、500g、1Kgなどの大容量の規格のギリシャヨーグルトは、そんなに作られていないのが現実のようです。

f:id:kootsterrabambi:20180217183052j:plain

 

我が家では、犬と人間合わせて1週間に2〜3キロを消費するので、2週間に5Kg〜6Kg必要になる計算です。ですが、中沢フーズのような高額なヨーグルトは買う気になりません。基本業務用メーカーなので、リーズナブルかと思いきや、素材の牛乳のこだわりが垣間見えない割に値段が高いので、高級品というわけでもないでしょう。暴利に近いこのギリシャヨーグルトの実態はさておき、今回私は目をつけたのは、脂肪ゼロの商品の「D チチヤス脂肪ゼロで高たんぱくギリシャヨーグルト100g」と、「E ダノンOikosオイコスギリシャヨーグルト脂肪ゼロ 110g無糖タイプ」です。Fat Freeのギリシャヨーグルトは、ここタイにも現地1メーカーだけが製造している素晴らしいヨーグルト(500g)があります。

 

 

「D : チチヤス脂肪0で高タンパクギリシャヨーグルト100g」が気になる

・乳酸菌ACA-DC 0029™株を使用(ギリシャクレタ島の伝統ヨーグルト由来)

たんぱく質が2倍ではなく2.2倍!(同社クラッシックヨーグルト比)

・タンパク添加製法(大切な栄養成分やホエーが損なわれていない)

・『脂肪0』は、100gあたりの脂質が0.5g未満のものを脂肪0ゼロとしている

・『高たんぱく』は、100kcalあたりの8.1g以上のたんぱく質を高たんぱくとしている

・砂糖不使用

・香料、安定剤不使用

 

 

「E:ダノンOikosオイコスギリシャヨーグルト脂肪ゼロ 110g」の無糖が気になる

・加糖、無糖タイプがある

・1カップ(110g)100kcal以下のエネルギー:90 kcal(加糖)、69 kcal(無糖)

たんぱく質が2倍:1カップ110gあたり、9.7g(加糖)、11.7g(無糖)

・菌株名不明